もう、どうせなら振り回して

ジャニヲタ!!!!!!

もしもSixTONESと夏を過ごすなら

 

atashinoj.hateblo.jp

 

 

この記事を書いたのが去年の4月。

しかも今ほどストを理解しきれてないときに書いてるので曖昧なところもちらほら。恥ずかしい〜〜!!( 妄想記事を書いている事は恥ずかしくない )

 

まだまたま暑い日が続くので、ブログの中だけでもストと夏を過ごしたいと思います。だってまだサマパラ終わってないから!追加公演あっから!サマパラが終わらないと私達夏終わらないから!(笑)

 

もしもSixTONES

夏を過ごすなら

 

 

髙地優吾と手持ち花火

 

「バケツに水入れた?」と聞くと、

「入れた」とぼそり。

 

せっかく花火やるんだから浴衣を着て来ようかと思ったのに、「汚れたら面倒だから普通の服で来れば?」って優吾が言った。こういうときの女の子の気持ち分かってないんだよね。着て来なかったけど。

河原でふたりで座って、私の手持ち花火から付ける。「わ、綺麗!すごい!」「俺にも火ちょうだい、」優吾の花火に私の火をあげると、いきなり優吾がフッと笑った。

「なに」「結婚式にこういうのありそうだなって思って」「え、」

ナチュラルにドキドキする事を言ってくる優吾は、やっぱり女の子の気持ちを分かってない。

「お前と結婚するときに、こういうのやれたらいいな」

 

 

 

京本大我と日傘

 

「ささなきゃだめだってば」

 

心配性の大我。5分くらいの距離のコンビニに行くだけだから大丈夫と言ってもダメの一点張り。「紫外線は女の子の敵でしょ。はいこれ俺の」「ええ、悪いよ…」「じゃあ俺も一緒に行く!」「ええ?!」「隣でさしててあげるから、ね?」変なところで優しい大我に負けて、コンビニまで一緒に歩く。

「あっつ、」「日傘があってよかったでしょ」「うん、ありがとう大我」「いえいえ」コンビニに着くと大我が日傘を持ったまま、耳元で囁いた。

「このままキス、してみたくない?」

 

 

 

田中樹蚊取り線香

 

「うわー!蚊取り線香じゃん!夏って感じ!」

 

そんな大騒ぎしなくても…と思いながら蚊取り線香に火をつけて台にセットする。「ずっと眺めてられるな」「不思議だよね」ジッと寝転がりながら徐々に灰になっていく蚊取り線香を見つめる幼なじみの樹。

「消えていくの寂しいなこれ」「蚊を捕まえる役割を終えたら消えちゃうんだよきっと」「俺は消えないからね、ずっと一緒にいるから」「私の心捕まえてもないのに?まだ付き合ってないんだけど」「今から捕まえるの!」

 

 

松村北斗とそうめん

 

「ピンクのやつは私のだから」

「味は一緒だよ」

 

北斗に諭されたけど、なぜかやっぱり色付きのそうめんは譲れない。「ピンクのやつ半分こしてあげようかなって気持ちにはならないの?」「なんで?」「聞いた俺がバカだったわ」

 

ズルズルと無言でそうめんをすすっていたら北斗の箸が私のお椀に入ってきた。

「うわ!盗まれた!ピンクの!北斗こら!」「こらじゃねえ、お前のじゃねーだろ」取られたのが悔しくてムッとしていたら、あたたかい手が私の頰をつまんだ。

「俺の奥さんになるなら幸せは半分こだからな」

 

 

 

ジェシーと扇風機

 

「あ!扇風機独占してる!」

 

「うるさい」「だめだめ俺も」無理矢理私の目の前に184㎝のデカいハーフが座った。勿論扇風機の風は微塵も感じない。

ジェシーがいると風こない」「俺の膝にくれば?ほら」と胡座をかいて手招き。いざ誘われると恥ずかしくて俯いていたらにこにこしながら私の手を引っ張って座らせた。

「風はどうですかお姫様」「ちょうどいいです」「俺の体温は?」「暑い」「愛の温度で〜〜す」「マイナスにしてくださ〜〜い」「無理で〜〜す」ぎゅう、と私の身体を包むと、私の首元でぽつりと呟いた。

「もっと体温上がることする?」

 

 

 

森本慎太郎と麦茶

 

「慎太郎、麦茶作るの忘れたでしょ」

 

「やべえ!」「今日は水で過ごしてよね」「死んじゃうかもしれない」「そんなんじゃ死にません」「うそ?!」「うそつかない」朝のくだらない会話。ティーパックで麦茶を作るのはいつも慎太郎の担当なのに、よく忘れるから結局私が作る。そして料理中に謝りに来るのがいつものルーティン。

「〇〇は麦茶作るの天才だから」「はいはい、」「奥さんになっても麦茶作ってくれるんでしょ?」「はいはい」「ねえ怒らないで」料理していた私の手を握って甘い声で謝ってくる。

「許してくれなくてもいいよ、

怒った顔もかわいくて好きだから」

 

 

 

 

どんだけ結婚したいの

 

性癖がバレる〜〜!!!

そして現状結婚してないのもバレる〜〜!!!

 

サマパラの追加公演には行けないので、

せめてもの妄想記事でした。

 

 

 

ゆごほくのラジオ楽しみ!!!!

 

 

 

 

 

サマパラに行って担降りを決意した話

 

 

 

 

 

どうして彼なのか、未だに分からない。

 

というわけで、( ? )

 

summer paradise 2018

SixTONES公演に

行ってきました!

 

f:id:atashinoj:20180805201404j:image

 

私が参戦したのは8月2日の昼公演。

暑かった〜〜!!!会場内は寒すぎたけど。

 

 

セトリを見てからいく派なのですが、知らない曲が多かったので予習しておいてよかった。ジュニア担だといろんなGの曲に詳しくなるね!

 

 

席は1バルのバクステがめちゃくちゃ至近距離の席。通路に近いところでした。私の名義仕事しすぎて不安。ありがとう私の名義。

 

曲の感想を書きたいんだけどメモとかしてなくて全然覚えてない。

未だに覚えてるのはサマパラのテーマ曲がめちゃくちゃ好みだった!!!爽やか!夏!ジャニーズ!って感じ!伝われ!すごい冒頭の入りがストにぴったりだった〜〜ストみんなジェスのおかげで英語の歌上手くなったよね〜〜〜〜かっこいい〜〜〜〜( i _ i )♡♡♡♡♡♡

 

ジェスのソロ「lonely dancer」がどちゃくそ良かった。白スーツを身にまとってマイケルジャクソンを思わせるダンスを踊りながらかっこよく踊るの〜〜!!戸塚くんのを聴こうと思って検索かけたけどこれ音源化されてないんだね?!!くやしい!!!戸塚くんはやくアルバムか何かに入れて〜〜〜〜!!!!

 

完全な恋などない、完璧な愛しかない

言えよ 踊ると 君はshadow shadow

らしくないね 涙流れそうになる

音が止んでも くれよ 微笑みを

雑踏掻き分け 君をぎゅっと強く抱きしめたい

say what?蝋燭は燃え続ける

 

天才か。

 

ジェスちゃんてこういうさみしんぼちゃんの曲を歌わせたら天才だよね。さみしんぼちゃん。(  言い方が悪い )

 

ジェシーの話はあとでしぬほどするからまたあとで!!!!(笑)

あーーーーあとあとあとじゅったんのラップソロ!!!やばいよあれ〜〜〜〜ほんとに圧倒された。圧倒的なパフォーマンス。すげえよ〜〜〜〜( 大の字 )

滑舌また良くなったしリズム感もパワーアップして!パワーアップの天才かおまえは〜〜!!!すき!!!

じゅったんのあのジャニーズっぽくない声が大好きで、シビれる。その声で子供ポコポコ産めそう( ???)

あのガリガリな身体にフワフワな衣装似合うよね〜〜スタイリストさん天才〜〜。

 

 

「ミセテクレ」、正直セトリ見た時はやられるの嫌だったけど、いざライブを見たらきょもらしくて良かった。自然と涙が流れたよ。でもやっぱり脳内ですばるくんの声が再生されてしまうんだよね、こればっかりはしょうがないよ。突き刺すようなあの声をしぬほど聴いてるんだもん。私が言ってない日に「風の朝も、最高の夜も」って替え歌していたらしく、エイトのライブ見ててくれてたんだなってしみじみ。きょもありがとう。

 

 

北斗くんはとなりの北斗担にファンサしないで近くの森本担にファンサをしていて「こいつやるな……」っていう感想と、バクステで肌が綺麗だったっていう印象〜〜〜〜圧倒的に綺麗だったな……( ˆoˆ )わたしもがんばる( ˆoˆ )

 

慎太郎ちゃんの顔が至近距離で見れたんだけどもうとってもよかった……にこにこ……あの笑顔を毎日見てるフェレット羨ましすぎるんだけど〜〜〜〜フェレットになりてえ〜〜〜〜。

相変わらずの16ビート刻みまくったダンス最高!!!!!

 

優吾とハイタッチしたら手がどちゃくそ良い匂いだったんだけどなんなん???さては爆モテだな〜〜???気合い入れて香水シュッシュしてるな〜〜??すき!!! あとボイパ感動した……爆モテ………中丸ファミリーの仲間入りだね( ? )

 

 

 

なんかね、なんでジェスが好きなのか分からないの。別に顔もすばるくんに比べたら好みではないし、コンサート中も真顔で何考えてるか

分からないし、歌も好きだけどそこまで好みではないし、ダンスも、今回のソロで途中からバックに慎太郎が来たら慎太郎ばっかり見ちゃう。あと歌にもっと表現力がつけばいいのになって思うのに、なんで担当にしてるのかなって思うんです。

でも今回SixTONES2回目のコンサートに行ってみて、やっぱりジェスは目で追っちゃう。帝王感?威圧感?分からないけど、他のメンバーが眩むくらい目で追ってる。近くでジェスが目合わせて歌ってくれたときに「うわ、すきだ」って思ってしまった。アイドルとしてのジェシーじゃなくて男の人としてジェシーがすきなんだなって思った。気持ち悪くてごめんな!!!通常運転だ!!! でもきっと私達が見てるジェスが仮のジェスなんだろうな。

YouTubeで結構素が見え隠れしてるの好き。何回も見ちゃう(笑)

 

この星のHIKARIがしぬほどすきなんだけど、今回もまたこの曲で涙が出たの。ほんとに好き。ストの曲の中で一番好き!

 

 

 

はあ、上手くまとまらないんだけど、

 

とりあえず私はジェシー担として生きてみることにしました。

 

すばるくんも丈くんもこれまで通り応援していくよ〜〜!!!赤色ばっかり!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

人生で1番好きだった自担へ。

 

 

 

 

青春が終わってしまった。

 

 

f:id:atashinoj:20180714001229j:image

 

 

13才の頃から好きだった関ジャニ∞

初めて見たかっこいいお兄さんたちの写真で真っ先に惹かれたのはすばるくんでした。

 

あれから12年。人生の半分はすばる担です。

たまに浮気もしたけど、9月22日のデビュー日、そしてすばるくんの誕生日は絶対に忘れなかった。

 

初めて行ったコンサートも覚えてる。47!まだエイトが売れてなかった頃。ズッコケ男道で少し知名度が上がり始めた頃。地元のホールに観に行きました。これが生まれて初めてのコンサート。舞台がピカピカ光ってて、音響や女の子の声援がうるさいと思うくらい大きくて、目の前にいる関ジャニ∞はひたすらかっこいい、そんな感想しかなかった。あとこの時大倉くんを担当にしようかと悩んでいました。笑

 

 

すばるくんの好きなところも、

嫌いなところもたくさんある。

 

歌でたくさんの想いを表現出来るところ。むしろそれしか出来ないところ。想いが溢れすぎて音を外すところ。

私たちヲタクが髪切らないで!って言えば言うほど切るし、諦めかけていたら伸ばすし。

しつこいくらい下ネタ言うし、週刊誌に普通に載るし、コンサート中におならするし。

不機嫌な時はメンバーも気を使うくらい不機嫌だし、朝に弱すぎて朝番組で超絶不機嫌で反省文書かされてヒナに心配されるし。

 

 

 

 

こういうところをひっくるめて、

大好きなんだよな。

すばるくんの歌声が好き。張りがあってのびやかで、パーン!と弾けたような歌声。どんに可愛くて甘い曲も、すばるくんのおかげで少しオシャレに聴こえる。力強い声、刺激的な声。でも甘ったるくて色っぽい声も、儚くてナイーブな声も持っていて、オールマイティーだなあって思う。

あの雰囲気からして誰よりも神経質そうなのにO型っていうところがたまらないんだよね。「ええよ!」って言ってくれそうな芯が通ってる感じ。

 

あと顔面。

顔面めっちゃ好き。もう最高に好き。顔だけで判断するなよって世の中の人は言うけど、彼に関しては顔で判断せざるを得ないくらい顔面が良すぎる。

 

f:id:atashinoj:20180714102610j:image
f:id:atashinoj:20180714102600j:image
f:id:atashinoj:20180714102549j:image
f:id:atashinoj:20180714102615j:image

はい顔面が良い!!!!

 

 

彼はセンターになるべくして生まれた男だと勝手に思っていて、タッキーと同じグループだったら、センター級がふたりいてそれこそ解散してただろうな〜〜。顔面偏差値はヤバいけどバランス悪いもん。何事もバランス。

だからエイトで良かったなってつくづく。

 

 

エイトの姫ポジなすばるくんだから、全員で撮る時みんなが立ってる中1人だけ座ってるし、なにかと真ん中にいがちよね。あの顔が真ん中だと締まる。

特にMCの並びが大好きなんだけど、最後の収録の大阪ロマネスクもMC並びだった。みんな「この位置で見るすばるくんがいい、」ってなるのかな。かわいいな()

 

 

 

関ジャニ∞は25周年あたりまでいてくれるのかな。ジャニーズのグループで25周年までいったグループいはないから、それだけが心配。

病気も怪我も何事も無く、アイドルだからって無理をしないで、そのまま走ってくれればいいです。若手じゃないんだから供給してくれる事以外は望まないよ。生きてるだけでファンサだもん。

 

 

 

 

すばるくん、日本に生まれてきてくれてありがとう。大阪で生まれてくれてありがとう。きっと大阪じゃなかったら今のすばるくんの性格にはならなかっただろうなと思う。五体満足で生まれて、完璧な顔立ちで、たくさんの人を振り向かせる歌声を持って生まれてくれたすばるくん、

1回しかない「渋谷すばるの人生」においてアイドルという職業を選んでくれてありがとう。タトゥーしたりやんちゃしたりしても辞めずに、ずっと36才までアイドルでいてくれて、ファン一人一人を大切にしてくれて、凄いことだよ。辞めるのは簡単だけど、続けるのって大変だもの。

 

私はこれからどうしたらいいか分かりません。相変わらず丈くんやSixTONESも好きで、でもやっぱりすばるくんは1番好き。後にも先にもこんな感情になるアイドルいない。すばるくんに対しては好きとか嫌いとか結婚したいとか付き合いたいとかそんな感情じゃ表せられない。それくらい特別。

 

昨日、最後のブログを読む前に「短いんだろうな」と予想はしていました。だってすばるくんの事だから、きっと番組内で全部言ってるに違いないし、それ以外に書くことなんて無いだろうし。ブログを読んでちょっと実感が湧いてきた。コンサート行ったら余計実感湧くんだろうなあ。嫌だなあ。

 

前向き前向き〜〜!!な方向に行きたいけど、どうしても後ろに引きずられてしまう。

ゆっくり考えよ。ゆっくり。

 

12年間、人生の半分をすばるくんで埋め尽くされていたから、すばるくんに「もう俺中心の生活じゃなくて、自分中心で生きろや」って言われてるような感覚になってる。

でも残念!丈一郎とSixTONESと文一くんがいる限りまだジャニヲタは卒業できない!笑

 

すばるくんが留学して音楽活動を復活したら、しぬほどCD買うから。フォトセットも作ってね。イケてるおじさんのフォトセット買うから。お願いします。^^

 

本当はもっと書きたいことあるだろうけど、言葉に出来ないので、また書きたくなったら。

 

 

 

すばるくん、事務所にいて出来なかった事、

たっくさんしてね!!!!!!

 

どこにいてもすばるくんは

不動のセンターだから、

やっていける。大丈夫。

 

 

 

だから、絶対大きくなって帰ってきてね。

 

 

22年間 ありがとう。

 

 

いつかまた8人で。

 

f:id:atashinoj:20180714100616j:image

 

 

2018.7.14 

 

 

 

 

 

掌が背に触れた

 

 

 

 

ゆるやかに7月になってしまいました。すばるくんが私の前からいなくなってしまうまでのカウントダウンが始まってしまいました。

 

ここ何日間か、エイトが出演する生放送、ラスト出演が多くて、そして昨日、最後のMUSIC DAYが終わり、頭が痛い。低気圧の時のような、鈍器で殴られた感じ。伝われ。

 

テレ東音楽祭生放送、ペコジャニ、ジャニ勉、Mステ生放送、クロニクル、MUSIC DAY生放送。最後に関ジャムが生放送。正直見たくないっす。これを見たら本当に終わる気がする。14日はまじで頭おかしくなりそうなので仕事は休みにしませんでした。

 

すばるくん、どうせなら笑顔でいなくなってほしいよ。泣かないでほしい。すばるくんが泣くたびに悲しくなって苦しくなって、「いかないで」って思っちゃうの。引き止めたくなる。置いていかないで。すばるくんはいつもエイター、メンバーの前を走ってる。今回もまた先頭を走ってるでしょ。身勝手なんだよいつも。でもそこが好きだし、担当になった理由もそこにあるし。やだなぁしんどい。

 

 

すばるくんがアイドルを辞めてしまうのも嫌だけど、第一の理由としては関ジャニ∞が6人になってしまうこと」が死ぬほど嫌。

 

 

7人は永遠だと思っていたしなんなら私は8人だとずっと思っています。そしてやっぱりグループ名に人数や名前の頭文字を入れるべきではないよな。

 

頭が整理できていないままにブログを

書くのは今回が最後にしよう、うん

 

 

すばるくん、バーベキュー実現するといいね。

 

 

 

また14日以降に更新します。

傘を忘れたので関ジャニ∞に迎えに来てもらいます

 

 

 

 

どうも、雨の日大好きジャニヲタです。雨の音が好きなんですよね〜〜〜!!!わかります??あの心地良さ。私はよく雨の音のBGMを聴いて寝ています。本を読むときとか、ハーブティーを飲むときとかおすすめです。洗濯物干したいときはやめといたほうがいいです。

 

さてそんな雨の日が大好きなジャニヲタさん、雨の日が憂鬱なジャニヲタさんに送る

 

雨の日って分かってたのにうっかり傘を忘れたので、悪いとは思ってるんだけど関ジャニ∞に迎えに来てもらいます

 

のコーナー!ドンドンパフパフ!

 

 

 

 

あなたは「ねえ、傘忘れたんだけど迎えに来てくれない?」と頼みます。

メンバーの反応を勝手に妄想します。

 

 

渋谷すばる

 

「あ?」

 

こわい。電話の一言目からガチで怒っている。「雨なのに傘忘れるか普通?」「ごめん、、タクシーで帰ってくるね」「んあーーー…ちょっと待って」

速攻で切られた電話にびっくりしつつスマホを眺めていると、私の傘を持った小さいおじさん。「ほれ」「…ありがとう」相合傘が出来るわけでもなく、2人で傘をさして歩いていると、すばるくんから手を握ってきた。「手ェ、濡れるけど我慢やな」「…それなら一本の傘で来ればよかったじゃん」「そこまで考えられんかったんじゃぼけ」

 

 

錦戸亮

 

「オーケー!」

 

LINEで聞いてみたら速攻で既読と返事。しばらく待っていたら亮ちゃんは車で迎えに来てくれた。中に入っているクッションをどかしながら「車汚いけど乗って〜〜」。言われるがままに助手席に座ると亮ちゃんがタオルをくれた。「濡れたかなと思って」「ありがとう」「ん。ええよ」信号待ちで停車している間、私の頬に手を添えてくる。どうしたのと聞くと「冷えてるな〜〜と思ってあっためてた」にこにこ幸せそうな亮ちゃんの顔を見て私も顔が緩んだ。

 

 

 

丸山隆平

 

「そんなことだろうと思って

   もう車で待ってるよ」

 

きょろきょろ探してみると、車の中で手を振る丸山くんの姿。「あったかいの飲みたいやろ」とココアの缶を私の首につけてきた。お礼を言うと、恥ずかしくなったのかニコニコして「ふふ、良いことばっかりやな〜〜今日は」「なにが?」「一緒に帰れるし、〇〇にお礼言われるし、あ、さっきかえるさん見たんやで」小さい事でも幸せだと感じる彼の手をそっと握ると、またゆるゆると笑って言った。「あ、また幸せ増えた」

 

 

安田章大

 

「んええ、まじかあ」

 

「ごめん、嫌ならいいよ」あとでお風呂入ればいいし、濡れて帰ろうと思っていたらすぐに「傘一本しかないけどええ?」とふんわり。「私とは相合傘したくないんだね…」「なに言ってんねん、むしろしたいくらいやのに。」電話越しでも安田くんが笑いながら言っているのが分かる。気を使って言ってくれていたんだと気づいた頃には安田くんが迎えに来て「青空柄の傘やで!」とふんわり笑った。

 

 

大倉忠義

 

「晴れへんの?それ」

 

土砂降りなんだってば。と告げると電話越しに嫌そうなため息が聞こえる。「ええけど、お金もらいます」「はいはい」「あ、つめたい態度」どっちがだよ!とツッコミもそこそこに、だるそうな格好とだるそうな顔で傘を持って迎えに来てくれた。「はあ〜〜今から帰るんか〜〜だっるいな〜〜」「ごめんねだるくて」ため息をつきながら歩いていると、後ろから袖を強く引っ張られた。「まだご褒美もらってへん」

なんの、と聞く前に、大倉くんは自分の傘を下にしてキスしてきた。

 

 

村上信五

 

「お前のカバンに傘入れたはずやけど」

 

入ってた〜〜!!!ちゃんと入ってた〜〜!!!でもこんな惨めな事を報告したらまた村上くんにバカにされるに違いないし、どうしよう正直に言おうかな、と悩んでいると、優しい声で「まぁ迎えに行ってもええけど」

いつもより優しい変な村上くん。車で来てくれて「大丈夫か?」となぜかシートベルトを締めてくれて甲斐甲斐しくお世話をしてくれる。

「…急にどうしたの」「ん、あんな電話して来たから寂しいんかなと思って。せやからかまってみたんやけど」

「んなわけないじゃん!」なんやそれ、と薄笑いを浮かべる村上くんの手は私の頭の上にあって、私と過ごすこの時間だけは村上くんが安らげばいいなと思った。

 

 

 

 

横山裕

 

「ん。」

 

そっけない返事だから、怒らせたかなあと心配になる。「忙しいのにごめんね」「忙しくないよ、別に」そうやって優しい嘘をついてくれる横山くんが好き。「傘一本だけ?」「一本しかなかった」また嘘。私の傘五本もあるのに。

相合傘したかったの?と聞こうとすると「早く帰るよ」と手を握られた。横山くんから握ることなんて滅多にないので、それが嬉しくて叫んでしまった。「うわ、手!握ってくれた!」「うるさいねんもう、俺かてするわそれくらい」彼は恥ずかしいとき、耳が真っ赤になる。

 

 

 

 

------------------------------

 

 

 

私的に迎えに来てほしいランキング1位はヒナちゃんなんですよね。リアコ〜〜〜〜!!!!