読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もう、どうせなら振り回して

/ ぜんぶを浪速にしたらええ \

もしも私の生徒が関ジャニ∞だったら

 

 

 

高校生時代のエイトくんたちの

先生になってみました。レッツスタート!

 

( ちょっとえっちです )

 

 

渋谷すばる

 

授業中に教科書で隠してエロ本を読んでる渋谷くん。「バレないと思ってたわけ?」と怒ると「だって先生は下ネタ嫌いなんやろ?スルーしてくれると思ってた!」拗ねた顔で大きな目を見開いてこっちを見つめてくる渋谷くん。かわいい。「先生に意地悪するのやめて」「意地悪なんかしてないよ、先生のことそういう目で見てんねん」「はあ?!」「なあ〜〜〜しようや〜〜〜」って詰め寄ってくるすばるくんに「こ!!!子供にはまだ早い!!!」って言いたい。そして極めつけは「多分先生より経験豊富やで?」

 

 

錦戸亮

 

 「あ!せんせー!」

食堂にごはんを食べに来た私を、ここ座って!と向かいの席を指差す錦戸くん。来て欲しいのか机めっちゃバンバン叩く。ラーメンの汁こぼれちゃうよ。「なに食べるん?からあげ?」「決めつけないで(笑)今日はカレー」「1個欲しかった〜!」「はいはいまた今度ね」「え、じゃあこれから毎日せんせーとごはん食べれるん?!」「毎日じゃないよ、お弁当の日もあるし」「そしたら俺の分もお弁当作って♡」「むーーーり。朝早いから!」そして上目遣いでひとこと「とか言って、なんだかんだ作ってくれるんやろ?」はい作りまーーーす!からあげとしょうが焼きのお弁当作りまーーーす!

 

 

安田章大

 

放課後の正門で帰る生徒に挨拶をしていると、安田くんが後ろから話しかけてきた。「せ、ん、せ!」「わ!どうしたの安田くん」「先生今日は何時に終わりますか?」「んん〜〜21時頃だけど、」「あかん、そんな待たれへん〜〜!一緒に帰りたいのに〜〜!」「まだ未成年なんだから早く帰りなさい!」と叱ると、おもむろに小指を出してきて「大人になったら先生のこと迎えに行くから!」と、自転車にまたがる丸山くんの元へ走って行ってしまった。

 

 

 

丸山隆平

 

 

文化祭実行委員の丸山くんと材料の買い出しに行った。「のりとはさみと画用紙と〜〜」さりげなく歩道を歩かせてくれる優しい丸山くん。「せんせーお菓子買いたい」「だめですー」「なんでよ〜ついて行ってあげてるのに〜」「丸山くんがついてきたんでしょ!」「だって先生と新婚さん気分味わいたいやん?」戸惑っている間に、私が持っていた買い物袋を半分持って「じゃ、行こ、お嫁さん♡」と照れくさく笑ったので「制服着てるから新婚には見えないよ」とドキドキを抑えて反論した。

 

 

大倉忠義

 

階段に座っているふわふわ頭の大倉くんにわたしは呆れていた。「大倉くんちゃんと掃除しなさい」「いやや」「みんなで協力しよ」「いやや」「大倉くんがやらないと汚くなっちゃうよ?」「俺の心は汚れてるからもうええねん」ああ言えばこう言う。「先生が俺と付き合ってくれたらちゃんと掃除できるねんけどな〜」「じゃあ掃除してくれたら食堂でラーメン奢ってあげる!」「うわ、無視された」こんなかっこいい大倉くんに口説かれたら恥ずかしくてスルーしたくなるわ!

 

 

村上信五

 

先生のことは下の名前で呼び捨てで呼んでくる。馴れ馴れしい。でもそこが好き♡( 痛い )

「これ次のホームルームで配っておいて」「わかった」「いつもありがとう村上学級委員様」「かまへんかまへん!」書類を片手で持ち嬉々と職員室を去っていく村上くんの後ろ姿を見ていると、なにを思ったのか私の元へ帰ってきて「〇〇が頑張ってるおかげやで!」と頭を撫でられた。とんだ無自覚野郎だ。

 

 

 

横山裕

 

 部活が終わってもバスケコートにいた横山くんを見つけた私は、飲み物を持って話しかけようとするとあっちから話しかけてきた。「先生や、めずらし」「うそつき!一応女子バスケの顧問です!」「あ、そうやったわ」バスケットボールを弾ませながら近づいてくるかっこいい横山くんにドキドキして、「は、はやく帰らないの」と挙動不審になって聞いてしまった。すると横山くんは一瞬考えて、ボールをゴールめがけて構えると、「これが入ったら今日はもう帰らへん」と言い、当たり前のようにボールを輪の中に入れた。「今日は先生とずっと一緒におってもええ?」

 

 

横山くんはバスケ、すばるくんはエロ本、ひなちゃんは学級委員、丸ちゃんは文化祭、安田くんは放課後、りょうちゃんは食堂、大倉くんはお掃除でした〜〜〜〜楽しかった〜〜〜〜彼らの高校生活に関わりたかった〜〜〜〜!!!!