もう、どうせなら振り回して

ジャニヲタ!( とハロヲタ )

ジャニヲタの私が好きな宝塚の作品3選


こんにちは私です。ジャニヲタ歴が長い私ですが、女の子のアイドルや宝塚など、割と色んなジャンルに手を出してきました。( 言い方 )

宝塚にはちゃめちゃに詳しいわけではないです。好きな作品に出演している方が好きだったり、その好きなジェンヌさんの映像を見ていて共演してるジェンヌさんが気になったりってだけなんです。全員把握出来ませんよ!!!大変だもの!!!
ジャニーズタレントのデビュー組とJrを把握してるのに何言ってるんだろうね。私もそれは思った。多分本気出せば音楽学校の生徒まで把握出来る気がするもん。

好きな作品はいくつかあるのですが、その中でも好きな、ていうかほぼこの三作品ばっかり視聴してる!!!好きすぎ!!!他も見ろよ!!!って自分でも思うんだけどさあ……まじで好きなんだよね……



BADDY 〜悪党は月からやって来る〜


悪党と書いて「ヤツ」と読みます。かっけえな!!
演出家上田久美子さんの初のショー作品です。

珠城りょうさん、
愛希れいかさんなどが出演しています。

舞台は地球首都「TAKARAZUKA-CITY」。
この時点でジャニーズアイランドと似たものを感じます。みんな自分たちのブランドを島や街にしたがる。


戦争とか犯罪諸々全ての悪がなくなったピースフルプラネット( 地球 )に、月から大悪党バッディが乗り込んできます。

主人公のバッディは超かっこよくてエレガントでクールなヘビースモーカー。あと濃い。タバコ吸ってるところがしぬほどイケメン。
でもピースフルプラネットでは全大陸禁煙。勿論大悪党なのでバッディは束縛されるのが嫌いです。「こんな世の中つまんねえよ!!」って言って、世界を面白くするためにあらゆる悪事を働きます。私の心も盗まれたい。
彼の目標はタカラヅカ・ビッグシアターバンク( 要は銀行 )に眠る惑星予算を盗み出すこと。だけどめちゃくちゃ優秀で死ぬほどかわいいミニスカート女捜査官グッディの追撃で、バッディはどうなってしまうの〜〜???という話です。


この作品がツボったポイントは、「禁煙しないと天国にいけないわよ!!><」ってグッディちゃんに怒られてるのに「天国?冗談じゃねえ!落ちてやるぜ地獄!」って歌うところ。

あれ?これ今巷で話題になってるトンチキ映画「少年たち」じゃない??
独房の中で喧嘩ばっかりして看守に怒られてる少年たちが「俺たちは上等」ってナンバーを歌い出すシーンとかぶるね??


この作品は最初から最高なんですよ。
普通の宝塚での上演前の挨拶は

「大変長らくお待たせいたしました。只今より、上田久美子作・演出 ショーテントタカラヅカ "BADDY 悪党は月からやってくる" 指揮○○により開演いたします」

なんだけど、BADDYは


「みんな!ずいぶん待たせたようだ!!はは!上田久美子作・演出 ショーテントタカラヅカ "BADDY 悪党は月からやってくる "指揮〇〇によりとっくの昔に開演中らしいなァ!!!」

って言うのよ〜〜!!!天才!!!BADDY目線が斬新
!!!
これを聴きたいがために見てるところある。



ちな、私が最近推しているのはこの作品にも出演していた暁千星さんです。通称ありちゃん。


どっちが犬でどっちがありちゃんか分かりません。

音楽学校を首席で卒業していて、新人公演ではほとんどの公演で主演をやっています。あまり詳しくないのですが、首席の方はトップになりにくいと聞いたので是非ありちゃんにはがんばってほしいな〜〜と思っています。いつかありちゃんのBADDYが観たいな〜〜!!!



宝塚ファンの人の「なんでスイートハート様の話をしないの?!」と怒っている声が聞こえてきます。すみません。でもスイートハート様に関しては気になった人だけが見て沼に落ちていただきたいのです。そして私も沼に落ちた1人。






CONGA!!



これこれこれ〜〜〜〜!!!もう超大好き。大好きとかなんてもんじゃない。愛してる。

こちらはラテン系宝塚です。私多分濃い系が好きなんだと思う。このあとに書くやつもラテンだもん(笑)

蘭寿とむさん、蘭乃はなさんなどが出演しています。蘭蘭〜〜!!!なんて素敵な名前なの。蘭って素敵ですよね。可憐そうで。(笑)

このラテンショーはとにかく踊る!!踊る!!踊る!!って感じで圧倒されて終わる感じです。伝われ。群舞が綺麗なんです。踊らなきゃ花組じゃねえぜ〜〜!!!っていう気迫がこちらまで伝わってくるのです。ジャングルなので野生動物とか出てきます。主演のとむさんは画像の通りライオンモチーフ。( 多分 ) あとは以上に美脚のキリンとかシマウマとか出てくる。

娘役トップの蘭乃はなさんが本当に可愛くてわけわからん。オープニングではラテンのリズムに乗ってめちゃめちゃかっこよく踊ってるんですけど、音の対決という名目で白チームと黒チームが突然前触れもなく戦う場面があるんです。
黒がリズムこそ音楽!!と主張する激しく踊るチーム、白がメロディこそ音楽だぞ!!としなやかに美しく踊るチーム。

2チームが激しく踊ってる!!戦ってるー!!とヒートアップしたところに、

天使がト音記号に乗って止めに来ます。


「私は♡ミュージックの♡天使なの♡ 喧嘩は嫌いよ!プン!らんらんらん!コンガー!♡」

と意味不明の可愛さを発揮して2チームを仲直りさせて、結局みんなでコンガしまくる、っていうシーンが好きです。見たらわかる。


灼熱の炎の中で熱く踊る蘭蘭コンビが暑苦しすぎて熱中症になる。( 全力で褒めてる )
全てを捨てて男臭く、セクシーに演じているからこそのあの熱気なんだろうなあ。とにかく見てほしい。

南の夜 熱い夜 赤い砂浜が眼を覚ますよ
激しい抱擁も 狂った口づけも
全て真夜中の黒い太陽のせいさ


今歌手打っただけで蘭とむのえっちなパフォーマンスが頭に浮かんでお腹痛い。蘭とむさんは関西ジャニーズJrのA.ぇgroupの小島健くんと似てます。もうこれは何回でも言う。似てます!!




サザンクロス・レビュー


真矢みきさん主演の1997年の作品です。

私が宝塚を好きになったきっかけの作品です。ヅカファンの方は「きっかけにしてはクセが強ぇな!」って思ってるでしょ!!私もそう思うよ!!
主演はドラマでも多数ご活躍されている真矢みきさんです。この人の男役、本当にキザでクセ強くてかっこいい。男役で初めて武道館公演したくらい人気だったって聞いて、クゥ~〜~その時代におっかけしていたかった~〜~ってなる〜~〜!!!

地球の南半球の真上で瞬く星、サザンクロス(南十字星)その響きは美しく、詩的な世界を夢見させる。神秘とロマンの香り溢れる南半球を舞台に、極彩色のカルナバルの中で繰り広げられるドラマティックなダンシング・ファンタジー。躍動するリズム、ほとばしる汗、留まるところを知らない花組のパワーが作裂した"レビューの宝塚"がその伝統を受け継ぎ、更に新しいレビューに挑戦した ( wiki )

この作品もショー作品になるんですけど、何が良いって、これを見ないと夏を越せないところ。
勿論congaも最高に夏!!!って感じなんですけど、こちらはサンバしまくります。もうずっとサンバ。そして衣装と歌詞がトンチキ。「見てる間、聴いてる間はすごくかっこいいのに、よく考えたらあの歌詞意味不明だよな??」というジャニヲタあるあるがこちらでも楽しめます。

愛華みれ サザンクロス・レビュー 歌詞 - 歌ネット


この作品は
最初からクライマックス。

画像荒いけどこれ見て。


全員ラストみたいな
羽の量!!!


映像を見ていただけたら分かるんですけど、本当はこれラストナンバーなのでは??って思うくらいのクライマックス感。
こんな羽使ってラストまでもつ?大丈夫?と心配になりますが、ご安心くださいラストもちゃんと羽つけてます!でもラストでは肩パットみたいな飾りがふたつあったり王冠ふたつ付けてるのは笑った。
このサザンクロスレビューでのサンバのリズムで踊り狂う場面はやっぱり気持ち良いですしかっこいいんですよね〜〜〜!!!是非見てほしい!トンチキさにシビれるから!





今回三作品紹介したんですけど、他にも濃い作品があったら是非教えてください。絶対見ます〜〜!!


P.S サマパラ無事当たりました。
代わりにドーム当たらないかもしれない。