読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もう、どうせなら振り回して

/ ぜんぶを浪速にしたらええ \

ジャニーズのラジオと声優のラジオ

SMAP







わたしは基本好きなジャニーズメンバーのラジオは聴くようにしているのですが、特にかかさず聴いているのは

 
▶︎中居正広のsome giri' smap
▶︎木村拓哉のwhat's up smap
▶︎SMAP POWER SPLASH
▶︎渋谷すばるのスバラジ
▶︎NEWS小山慶一郎KちゃんNEWS
▶︎北山宏光のナニキタ


これくらいですかね!11番組。ナニキタは最近聴き始めました。もちろん滝沢歌舞伎のせいです。くそ〜〜好きだぜ〜〜〜。

タッキーのラジオを聴くきっかけは、翼くんがお休みしていた時にタッキーが代わりに翼くんのラジオ「今井翼のto base」を生放送で代行していたのを聴き、「タッキーおしゃべりうまいんだ!」と気づいて聴き始めました。タッキーが翼くんのことを喋るときのニタニタ感かわいい〜〜〜〜〜〜滝翼愛しい〜〜〜〜〜〜〜



他の子達は言わずもがな。担当、推しなので聴いているという感覚。SMAPは全員おしゃべりが上手くて大好きなので聴いてます。しんつよラジオはゆるゆる過ぎてもう寝ながら聴くレベル。(笑)

太一くんのラジオは男子高校生感がすごい。男子高校生同士の秘密の会話を聴いているみたいな感覚になります。是非聴いてみてください!


ジャニーズのラジオって、テレビや雑誌、舞台やコンサートで見る時より確実に素が出てると思うんですよね。まあ、それも虚像のひとつにすぎないのかもしれませんが、他のメディアよりはイスに座りリラックスして、最近あったこと、好きなことを喋るという行為が素に近い状態で喋る絶好のシチュエーションだと思います。

ジャニーズWESTのラジオはも〜〜〜〜うるさい。ひとことで言えばうるさい。でもそのフレッシュ感が好き!!!!ジャス民(ジャニーズWESTヲタの名称)から送られてくる妄想にドゥフドゥフしながら盛り上がる彼等には若かりし頃の関ジャニ∞を思い出します。みんなやってた。どんな場所でキスしたいとか、そういうのみんなやってた。

昔のレコメンはそういう若かりし盛り上がりがあったよね。今も良い意味で楽しいけど!10年経てばそりゃあ大人になるわ。

正反対にすっげえ静かなのが中居くんのラジオ。盛り上がってるんだけど静かなの。フラットな状態がすごいテンション低いから、テレビとのギャップがすごい。確実に口先でしか喋っていない(笑)。そして決してオタに向けてではない「自分がほんとうに好きなこと」しか喋らない。野球のマイドラフト作る時なんて「うわ、超どうでもいい」と思ったもん。でもタメになるんだよね。時事問題についてもちゃんとラジオで喋るから、テレビをほとんど見ない私でも勉強になる。最近まじでテレビ見てない。スッキリ→PON!→有岡くんと八乙女くんのヒルナンデスしか見てない。あ、見てたわ。でも母が一緒にいる時しか付けてない。日テレの朝から昼にかけての番組大好き人間だから、この流れは外せない。誰も喧嘩しない平和な感じが好き。あとテレビで見てるのはドS刑事とアイムホームだけ。そんなこんなで、ラジオというのはほんとうに私達にたくさんの情報を教えてくれる素敵なメディアなのです。


私は元々ラジオ大好き人間で、中学時代声優ヲタだった頃。土曜と日曜のいわゆる「アニラジ枠」は毎週ラジカセでいつのまにか寝てしまってイヤホンが首に絡まってしまうくらい聴いていた。良い子は真似しないでね。
田村ゆかりさんや水樹奈々さん、テニプリのラジオ、今は終わってしまったけれど鷲崎健さん浅野真澄さんのアニスパ小清水亜美さん櫻井孝宏さんのこむちゃ、諏訪部順一さん鈴木達央さんの乙女研究部などなど、遡ればキリがないくらい深夜まで聴いていた。当時は謎の新ユニットSTA☆MENという声優ユニットのファンだった。

声優のラジオとジャニーズのラジオの違いは「リスナーからもらった台詞をパーソナリティーが読んでリスナーが悶える」という行為があるかないかだと思う。語弊があるかもしれないけど。

この間、「木村拓哉のwhat's up smap!」にて木村くんがリスナーからのリクエストで壁ドンしながら台詞を言っていた。うろ覚えだけどこんな感じだった気がする。
それがあまりにも耳レイプ(声優ヲタの間でよく使う言葉)過ぎて

声優のラジオかよ

ってツッコんだ。


木村くんそういえばハウルやってたから、広い意味でとれば声優のラジオだな!!!!と自分をむりやり納得させた。あの時のラジオをハウルだと思って聴いたら心境変わるかな!!!!





声優も「アイドル声優」と言われているくらいに人気が凄まじい昨今。お互い芸術表現の仕事で食うか食われるかくらいの切磋琢磨をして生きて行かなければならないからこそ、アイドル声優もアイドルも、ラジオという身近なメディアを使ってファンを獲得するのだなあと思いました。完。